CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロンのお話しシリーズ 第31話 【経験で分かる自分の立ち位置】

トライアスロンのお話しシリーズ 第31話 【経験で分かる自分の立ち位置】

トライアスロンのお話しシリーズ

第30話で一旦終了したトライアスロンのお話しシリーズ
再開しました。

第31話
【経験で分かる自分の立ち位置】

日々の生活の中でその時の状況によって自身の立ち位置を変える必要があります。

営業マンを例に挙げると会社とお客様の間のどの位置で仕事をするか?
会社寄りポジションで仕事をするとお客様に受け入れられ難くなり、お客様寄りポジションで仕事をすると会社からの評価を得られ難くなります。
どのポジションで仕事をするのかは、その場の状況(お客様との関係、お客様のタイプ、要望、販売しようとする商品など)によって異なり、決まりのない永遠の課題です。

どこに立つべきか?
は会社寄り、お客様寄りの両方を経験してみないと分かりません。

どちらかに寄り過ぎた経験をすることでその時の状況によっての立ち位置調整ができるようになります。

・トレーニングの内容と量
・レースに向けたコンディショニング
・レースの時のペース配分
・レース中の補給(水分、栄養)
・レース当日のコンディションに合わせたレース攻略戦略
・トレーニング、レース時のメンタルコントロール
など、失敗繰り返すことで完璧に近づけるというお話しでした。

Endless Triathlon Life❗️

s-20200707-1.jpg

s-20200707-2.jpg

s-20200707-3.jpg

s-20200707-4.jpg

コメント


認証コード6654

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional