CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第103話【気持ちの切り替え】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第103話【気持ちの切り替え】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第103話【気持ちの切り替え】
先日ある友人が仕事の壁にぶつかり落ち込んでいたので、元気にしようと「気持ちが大事だよ」とか「あきらめなければ目標に近づける」とか、この投稿シリーズで書いたような言葉で話した時、友人から「そのアドバイスは今の自分には重すぎて更に落ち込む」という返事が返ってきました。
その翌日、今ハマっているNHK朝ドラ「エール」を観ていた時、主人公の娘(華)が挫折した彼氏に応援の気持ちで言った一言「あきらめちゃダメ!、私応援する!」に対して、彼氏が「君の一言は重すぎる、何で現実を見て進もうとする僕を応援をしてくれないのか?別れよう!」と言ったシーンを観て、気安く言う前向きアドバイスが相手にとっては重荷に感じ逆効果になること、アドバイスは表面上の言葉がけではなく真に心ある言葉がけをしなくてはならないことを理解しました。
私も問題集積で落ち込む時があります。
落ち込む状況によっては前向き応援メッセージは全く頭に入りません。
最終的には「時間が解決する」とか「これで世の中終わるわけじゃない」とか考えているうちに誰かが助けてくれたり、自然と何とかなったりします。
人へのアドバイス、「相手の気持ちを良く考えて、心ある言葉を選ぶべき」と考えさせられました。
大なり小なり壁はつきもの、壁に当たった時、先ずは「気持ちの切り替え」でしょうか.......
Endless Triathlon Life❗️

s-20201120-1.jpg

s-20201120-2.jpg

コメント


認証コード2701

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional