CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第142話【波に任せて泳ぐ】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第142話【波に任せて泳ぐ】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第142話【波に任せて泳ぐ】
世の中の流れには逆らえないと感じることが時々あります。
アパレル業界にいた時、流行にのって売上が毎年拡大する右肩上がり状態が続いていました。
順調満帆状態の時は売上減少など全く考えることなく、怖いもの知らずだったのですが、突如として起こった流行の終焉でメイン商品の売上は1/10レベルに低下しました。
当然売上拡大をベースに商品生産ラインを組んでいたので、売上減少と増産のダブルパンチで在庫の処理に苦労した経験があります。
同時に順調であっても引き際の見極めが大事と感じたのもこの時でした。
昨年から始まった新型コロナ渦の中、強者と弱者の格差拡大、大規模と小規模に求められる明確な生き残り戦略の必要性など、加速する変化への対応力が求められるようになりました。
スポーツパフォーマンス(レース参加)がベースになっているトライアスロン業界は昨年からのレースキャンセル、延期によって一時停滞状態となっています。
この状態は避けることはできません。
トライアスロンは生涯スポーツ、中長期視点で考ることでこれまでと違ったトライアスロンへの向き合い方が見つかるかと思います。
最後に、風が強く大荒れの海で泳ぐコツは波に逆らわず木の葉のように波に揺られて脱力で泳ぐことです。
波に乗って力まず泳ぐことが大事というお話でした。
レースの再開は近いです。
Endless Triathlon Life❗️

s-20210215-1.jpg

コメント


認証コード0913

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional