CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第155話【古代真琴 集大成のレコーディング】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第155話【古代真琴 集大成のレコーディング】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第155話【古代真琴 集大成のレコーディング】
LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMAのレース前日のエンターテイメントの打ち合わせでシンガーソングライターの古代真琴宅を訪問しました。
※敬称略
古代真琴との出会いは今から45年前、ほぼ毎晩通っていた東京六本木のステージ付きスナック?クラブ?でした。
私は歌&芸好きだったので古代真琴にお願いして、歌では加山雄三さん、歌&ダンスでは沖田浩之さんの曲、漫画シリーズでは「鉄腕アトム」「鉄人28号」「エイトマン」「キングコング」、寸劇シリーズでは「大魔神」「返品お断り」などの芸の演奏をやってもらっていました。
そして、古代真琴がトライアスリートだったことが私のトライアスロンライフの始まりです。
前置きが長くなりましたが以下本題です。
古代真琴はスター誕生でデビュー以来、約半世紀にわたるシンガーソングランナー生活の中で多くの歌を作曲、作詞しています。
その代表作の一つにトライアスリートがレースに挑む気持ちを思って作り、アイアンマンワールドチャンピオンシップのステージで歌った「Try Your Best」があります。
また宮古島ストロングマン、徳之島トライアスロンの歌なども作っています。
打ち合わせをしている時に古代真琴が現在1ヶ月に及ぶ長期レコーディング中ということを知りました。
CDタイトルは「At Will To You」で11曲が入っています。
66歳になる古代真琴は年齢を考えると「これが自分の音楽生活最後のレコーディングになるかも知れないので自身の音楽生活の集大成として臨む」と言いました。
私は「いやいや集大成と思って臨んでも終わるとまたやりたくなるから集大成のチャレンジはまた来るよ」と言いながら、自分の集大成の取り組みを考えた時、今年5月の琵琶湖でのトライアスロンレース開催が、古代真琴のレコーディングに向き合う取り組みと同じだと思いました。
しかし、今年の大会が終わると来年の大会へのチャレンジが始まり、新たな集大成としての挑戦が続くことになります。
古代真琴との集大成についての会話の中で、物事に取り組む時に次があるという気持ちではなく、これが自分にとって最後だと言う気持ち(集大成と言う気持ち)で取り組むことで真剣力、集中力が生まれることを感じました。
古代真琴の集大成としてのレコーディングで作られる「At Will to You」は4月15日原宿ライブハウス「クロコダイル」でのライブで発表、発売になります。
※「At Will to You」はLAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMAのレース前日イベント(マリオットホテルボールルーム)でも演奏されます。
Endless Triathlon Life❗️

s-20210315-11.jpg

s-20210315-12.jpg

コメント


認証コード1148

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional