CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第228話【今中大介さんからの学び】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第228話【今中大介さんからの学び】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第228話【今中大介さんからの学び】
日本人で初めてツール・ド・フランスを走った今中大介さんとの最初の出会いは、CEEPOがデビューした2004年、東京サイクルモード設営準備の時でした。
自転車業界に参入したばかりで業界知識を得ようと他社のカタログを貰いに回っていた時でした。
当時は今中さんがどれだけすごい人かは知らず挨拶させていただいたのですが、丁寧なご対応に人間性の素晴らしさを感じました。
最近たびたびお話しする機会ができて、バイクのポジションについての話になりました。
いろいろお話しさせていただいた中でバイクライドにとって重要な空気抵抗の話しになり、それまでの私の考え「長時間バイクに乗りその後ランのあるトライアスロンは空気抵抗を減らすことより楽な姿勢の方が良い」を改めようと思いました。
「楽な姿勢を優先するのではなく、空気抵抗減を優先したポジションがとれる柔軟な身体作りと、そのポジションでも力の出せるペダリング練習」
今中さんありがとうございました。
更なる進化を目指して努力します。
Endless Triathlon Life❗️
https://eighth-8.jp/people/daisuke-imanaka/

s-20211004-2.jpg

s-20211004-1.jpg

コメント


認証コード9248

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional