CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第167話【スポーツやってて良かったと実感】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第167話【スポーツやってて良かったと実感】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第167話【スポーツやってて良かったと実感】
先週の水曜日、1年6ヶ月ぶりにプールで泳ぎました。
思い起こすと2019年10月20日のチャレンジチャイナ参加の後、例年通り3ヶ月間のオフシーズンとなり、全てのトレーニングを休止しました。
そしてそのまま2020年3月からのコロナ自粛となり、バイクライドした時の清流スイムを除いてプールで泳ぐことがなくなり、今に至っています。
1年6ヶ月ぶりに泳いだところ、息が苦しくて50m以上続けて泳げないことに驚き、このままではトライアスロン復帰できないと6日連続スイムの結果、やっと100m✖️5本スローペースで泳げるようになりました。
思い起こせば45年前、学生時代続けていた競泳を22歳でやめ、30歳までノンスポーツと喫煙で気がついたら体重98kg、妻からの「詐欺」の一言でマスターズ競泳に参加、その延長線上にマラソンがあり現在30年続けているトライアスロンがあります。
普通に生活をしていると気が付かない体力低下、スポーツを続けていることで現実の体力レベルを具体的に知ることができます。
スポーツを続けた5年後とスポーツをしない5年後は大きな違いがあります。
競泳出身だから水泳は大丈夫という過信に反省しこれから短時間でも良いので継続的トレーニングを心がけます。
無理せず継続トレーニング❗️
Endless Triathlon Life❗️

s-20210506-1.jpg

s-20210506-2.jpg

s-20210506-3.jpg

s-20210506-4.jpg

s-20210506-5.jpg

s-20210506-6.jpg

コメント


認証コード9350

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional