CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第190話【オリンピック予選を見て】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第190話【オリンピック予選を見て】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第190話【オリンピック予選を見て】
昨日の陸上日本選手権男子100m決勝、オリンピック代表枠の三つ
をかけて激戦が繰り広げられました。
代表の内定となった選手、本当におめでとうございます。
涙の優勝インタビュー見てこのレースに向けた気持ちと努力に感動を貰いました。
そして獲得できなかった選手、選手自身の気持ちを量り知ることはできませんが、レース後の一人一人のインタビューを聞きながらレースに向けた気持ちと結果に対する受け止め方に感動を貰いました。
過去に、大学水泳部の後輩で2名の選手がオリンピック代表選考レース前まで日本記録を持っていたにもかかわらず、最終予選でライバルに負け、オリンピック代表に選ばれなかったことがありました。
その時、オリンピックが四年に一度の開催のため、選手の肉体とメンタルのピークを開催の年に合わせなければならない難しさを実感しました。
この時、レース後の2人にかける言葉はありませんでした。
オリンピック代表を狙う選手に見えたスポーツの厳しさですが、オリンピックに限らず、目標に向かって頑張る選手の姿、その結果が良くても悪くても、選手が身近な選手でなくとも感動と元気を貰うことができます。
選手一人一人の思いを持って努力を続けて来た集大成の場
 「東京オリンピック」
世界中がコロナ渦に苦しむ中、世界中の人に大きな感動と元気を与える大会が開催されることを心から願います❗️
We Love Sports❗️
Endless Triathlon Life❗️

画像の説明

コメント


認証コード0213

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional