CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第207話【スポーツで流す涙】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第207話【スポーツで流す涙】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第207話【スポーツで流す涙】
私ごときがオリンピック選手を語るのはおこがましいのですが、毎日の感動に語らせていただきます。
選手が全力で目的に向かい、目的が達成できて流す涙、達成できなくて流す涙、そのシーンを見て観客(視聴者)が感動で流す涙、東京2020オリンピックは始まったばかりですが、すでにいっぱい泣かせてもらってます。
結果が出た瞬間、選手の顔から結果に関わらず最高の表情を見ることができます。
ベストを尽くす思いで競技に参加してその結果が良くても悪くても結果が出た時の選手の真の思いは選手にしかわかりませんが、観客(視聴者)は選手の表情から選手の思いを感じ取り、感動を貰います。
感動を貰えるのは応援する自国の選手だけではありません。
全ての選手が自身の目標達成を目的にそれぞれの思いを持って参加しています。
オリンピックが始まる前、海外の選手が事前合宿で滞在した地元の人たちと繋がりができる経過をテレビで紹介されていました。
合宿先の地元の人達が選手の面倒を見るうちに、海外選手を自分の子供、孫と接するのと同じ感覚になり、海外選手を身内を応援するような気持ち応援するようになったという内容で、海外選手の合宿先の地元の人達が国を越えて選手を応援するという姿からも感動をもらいました。
体操個人総合の順位決定の後に日本、中国、ロシアの選手がライバルである互いの検討を讃え合い抱き合っている姿に感動しました。
世界は一つ、東京2020オリンピック、パラリンピック、まだまだ感動は続きます。
参加選手全員の頑張りを願ってます。
オリンピック、パラリンピック開催に感謝❗️
スポーツ最高❗️
Endless Triathlon Life❗️

s-20210730.jpg

コメント


認証コード2890

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional