CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第216話【マネージメント】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第216話【マネージメント】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第216話【マネージメント】
マネージメント
「組織(チーム)をまとめ目標を達成する」
学生時代の水泳部でのマネージメントは部員のモチベーションを引き出し全日本学生選手権で上位入賞することでした。
学生時代はマネージメント対象の部員が競泳目的で入部した学生だったので、部員の意思統一のためのマネージメントはシンプルでした。
会社の組織になると組織の人達は家庭があったり、個人個人の生活目標が異なったりするため、組織内全員の意思統一するマネージメント手法は複雑になります。
しかし上司としてのポジションがあることがマネージメントの助けになります。
今取り組んでいる琵琶湖でのトライアスロンレース開催、運営に関わる大会実行委員会、滋賀県トライアスロン協会、守山市役所、大会スポンサー、開催地域の企業、団体の皆さんとそれぞれの領域を超えた多くの人がいます。
そこに関わる皆さんのモチベーションを引き出すためにはこれまでとは違ったマネージメントが求められます。
いろいろ考えた結果、最後は「人間力」に行き着きました。
人間力磨きます。
Endless Triathlon Life❗️

s-20210908-1.jpg

s-20210908-2.jpg

コメント


認証コード4950

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional