CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第219話【びわこ成蹊スポーツ大学 佃文子教授】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第219話【びわこ成蹊スポーツ大学 佃文子教授】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第219話【びわこ成蹊スポーツ大学 佃文子教授】
第一回 LAKE BIWA TRIATHLON IN MORIYAMAにボランティアとして応援いただける「びわこ成蹊スポーツ大学」
近江八幡トライアスロンにメディカルサポートとして参加いただいているびわこ成蹊スポーツ大学 スポーツ学部の佃文子教授から生徒の皆さん(有志)によるボランティア協力の嬉しいご提案を頂きました。
早速大学に伺い校内のスポーツ施設を案内いただき、施設の素晴らしさに驚きました。
佃教授から「スポーツを競技としてだけ捉えるのではなく、ライフスタイルの一部として幅広い意味でのスポーツ素晴らしさを伝えたい」とのお言葉を頂き、本大会開催コンセプトのベースにある
「トライアスロンを順位、タイムだけのスポーツとしてとらえるのではなく、生涯スポーツ、健康ライフとして幅広くとらえる」
「参加選手だけが主役という考え方ではなく、運営に関わる開催地住民、ボランティア、TOの皆さん全員が大会を楽しみ健康ライフのきっかけとなる」
との共通点を感じました。
佃先生、応援ありがとうございます。
ボランティアに参加いただける学生の皆さんの未来の可能性に少しでもお役に立てる大会運営を目指します❗️
Sports give more to life than competition❗️
Endless Triathlon Life❗️

s-20210913-1.jpg

s-20210913-2.jpg

s-20210913.jpg

コメント


認証コード4063

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional