CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロンのお話し 第7話【完璧なレースがないトライアスロン】

トライアスロンのお話し 第7話【完璧なレースがないトライアスロン】

しばらくレースがありませんのでトライアスロンのお話し
第7話【完璧なレースがないトライアスロン】
●多くの要素が絡み合うトライアスロン
何か目標を定めて努力して結果を見た時、必ずしも満足できると結果が得られるとは限りません。
トライアスロンはスイム、バイク、ランの3種目、トランジション、外的&内的コンディション、体力、水分&栄養補給、ペース配分などコース攻略の戦略、競技に要する時間、レースまでのトレーニング、レース前&レース中のメンタル状態など、多くの要素が絡み合いレース結果に影響します。
レースに参加する選手にはフィニッシュタイム、ライバルとの勝敗、完走など人それぞれの目標があり、その目標達成のための日々の努力があります。
私の30年のレース経験で「ベスト記録が出た」「エイジ優勝できた」「コナスロットが取れた」など、結果に満足できたレースや、「リタイヤ」「制限タイムギリギリ」など目標にはほど遠い結果のレースなどがありますが、目標が達成されたレースであっても、ゴールの後には必ず新しい課題が見つかり、100点満点と感じたレースはありません。
レースに影響を及ぼす全ての要因に対して満足できるレースはまずないと思います。
●いつも良いとは限らないトライアスロン
レース時間が長いトライアスロンでは、少しのコンディションの少しの違いでレース結果に大きな差が出ます。
前回のレースの結果が良かったから次のレースでさらに良い結果を求めて意気込んで挑んでも期待を大きく裏切る結果に終わる事もあります。
「いつも良い結果とは限らない」
   のがトライアスロンです。
結果が悪くでもそこから多くを学ぶことができます。
大事なことは結果を受け入れ、次のレースへの糧とすることで進化を遂げることだと思います。
終わりのない生涯スポーツトライアスロンを楽しみましょう❗️

s-20200521-1.jpg

s-20200521-2.jpg

s-20200521-3.jpg

s-20200521-4.jpg

s-20200521-5.jpg

コメント


認証コード8331

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional