CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第74話【想定外のトライアスリート】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ 第74話【想定外のトライアスリート】

トライアスロン(CEEPO)のお話しシリーズ
第74話【想定外のトライアスリート】
(最初に)
WAVE BIKES代表の房野さん、この投稿で「CEEPO販売やめる!」って言わないようお願い致します。
前回投稿に続き、出張中の岡山で出会った、想定外トライアスリート房野二葉さん(以降二葉さん)を紹介させていただきます。
二葉さんは岡山のCEEPOディーラーWAVE BIKESの房野雅治代表の奥様で、結婚してWAVE BIKESのお客様とふれあううちにそれまで経験のなかったトライアスロンへの挑戦を決めました。
トライアスロンデビューは地元岡山県で開催された湯原温泉トライアスロンのリレー部門スイム担当でした。
その後リレーラン担当を経て湯原温泉トライアスロンのショートの部に参加し見事完走を果たし、次の目標のオリンピックディスタンス完走を目標にトレーニングに励まれています。
二葉さんにはいくつかの想定外のエピソードがあるのですが、その代表二つを紹介させて頂きます。
エピソード①
湯原温泉トライアスロンのショート部門に参加した時で、レース当日朝のバイクチェックインの時のこと、
二葉さん「田中社長、トランディションエリアに手鏡持って行って大丈夫ですか?」
田中「手鏡?割れなければ大丈夫ですけど、何で?」
二葉さん「レースに向けて2日前につけまつげつけたのでバイクスタート前にお化粧したいんです」
田中(言葉には出しませんが)「そんな時間あったら早くバイクスタートした方が良いでしょう、第一レース中の二葉さんのお顔は誰も見てないと思いますよ😅」
エピソード②
スイムからバイクのトランディションでのこと
二葉さん「すんまんせん、ウェットスーツ脱がすの手伝ってもらえますか?」
トランディションエリアのマーシャルの方「申し訳ありませんがルール上お手伝いはできないんです」
二葉さん「エッ〜、レースのためにつけたネールが取れてしまうのでウェットスーツが脱げないんです😢」
田中(言葉には出しませんが)「トライアスロンを完璧に勘違いしてる😅」
最終的に二葉さんがこのトランディションでお化粧とウェットスーツ脱ぎに要した時間は30分でした。
そして初のトライアスロンレースは見事完走されました。
他にも想定外エピソードがある二葉さんですが、次なる目標のオリンピックディスタンス完走、そして次の目標ミドルディスタンス完走に向けて努力をされています。
いろいろ考え方基準の異なる方が参加するトライアスロンですが、全員共通のゴールは「レースの完走!」
経験によって学びがありそして新たな挑戦が始まります。
房野さんご夫妻の最終目標「ご夫婦でロングディスタンス完走!」の達成を目指して頑張って下さい❗️
Endless Triathlon Life❗️

s-20200926-1.jpg

s-20200926-2.jpg

s-20200926-3.jpg

s-20200926-4.jpg

コメント


認証コード2251

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional