CEEPO(シーポ)トライアスロンバイク/現役トライアスリートによって開発されたトライスロン専用バイク

トライアスロン(CEEPO)とは関係ないお話し 第173話【思いでの曲 Alone Again】

トライアスロン(CEEPO)とは関係ないお話し 第173話【思いでの曲 Alone Again】

トライアスロン(CEEPO)とは関係ないお話し
第173話【思いでの曲 Alone Again】
これまでの人生で私にとって最も思い出のある曲は49年前に聴いていたGilbert O’SullivanのAlone Againです。
学生時代は水泳部の合宿所生活で、当時学校に温水プールはなかったので4月から低水温の屋外プールでインターバルセット間に風呂に浸かりながらの練習でした。
一回生(一年生)の一日は朝食の準備に始まり練習と先輩のマッサージと洗濯でした。
強化合宿期間は5:00起床で一回生は部員の朝食準備をするのですが、食堂兼ミーティングルームの窓の位置がちょうどプールの水面と同じ高さだったので、朝食準備で窓から見えるプール水面に落ちる雨の波紋を見ながら、寒い中で今日も泳がなければならない辛い練習を考えながら憂鬱な気持ちで毎日聞いていた曲がAlone Againでした。
そのため卒業後もAlone Againを聞くたびに懐かしさよりも憂鬱になるので自分から聴くことはありませんでした。
最近Alone Againを偶然聞く機会がありました。
49年ぶりに聴いた時、憂鬱な気持ちではない懐かしさを初めて感じました。
49年経って初めて憂鬱から懐かしさに変わったAlone Again、自分の人生に大きな影響を与えた水泳部合宿所生活を懐かしく思い出しました。
昔をを思い出すことが多くなったのは歳のせい。
よろしければAlone Again聴いてみて下さい。

s-20210518-1.jpg

s-20210518-2.jpg

s-20210518-3.jpg

s-20210518-4.jpg

s-20210518-5.jpg

コメント


認証コード5285

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional